• トップ
  • ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の家づくりへの取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の家づくりへの取り組み

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の家づくりへの取り組み
 
「ZEH(ネット・エネルギー・ハウス)」とは
「ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)」とは、一時エネルギーの年間消費量より住宅で創り出したエネルギーのほうが多い、もしくはその差が正味ゼロになる住宅のことです。
消費電力のムダを省く「省エネ」と、太陽光発電などでエネルギーを創り出す「創エネ」、また、エネルギーの状態を見ることができる「HEMS(ホーム・エネルギー・マネジメント・システム)」を組み合わせて活用します。
日本政府は「2020年までにZEHを標準的な住宅にする」という目標を発表しております。